• ホーム
  • トレチノインと上尾と皮膚の構造

トレチノインと上尾と皮膚の構造

肌がきれいな女性

トレチノインは、日本国内では市販品への配合は許可されていません。
一般に販売されている化粧品にも、日本では含まれていません。
トレチノインを入手するためには、医師による処方が必要になります。
上尾にも皮膚科は数箇所にありますから、受診して肌やトレチノインの相談をすることができます。
上尾の皮膚科は、駅の周辺にもあるので、行きやすい場所を探すとよいでしょう。
上尾には皮膚科専門の医院もありますが、総合病院もあります。

トレチノインを使用するにあたり、皮膚の構造も理解しておくとよいでしょう。
皮膚の構造は表皮があって真皮、そして皮下組織でできています。
一番上の皮膚が表皮であり、表皮の一部が角質になります。
表皮にある角質というのは、すでに機能を終えた細胞層にあたります。
角質層の下の表皮部分の細胞は生きていて、水分を65%程含んでいます。
外からの刺激にも反応しますし、そのキャッチした情報を神経へと伝達したりします。
アレルギーで反応を示したりして、皮膚は体を守っています。

皮膚の下にあるのが、真皮になります。
内側から皮膚の機能をサポートしています。
網目状になって真皮の中に、コラーゲンは存在します。
この形成によって、肌の弾力は保たれています。
コラーゲンの構造をサポートするのは、エラスチンの繊維です。
肌に弾力があり、若々しい素肌を維持するためには、コラーゲンなどが欠かせません。
また、透明感ある素肌のためにも、ターンオーバーを正常化させる必要があります。

トレチノインは、肌のターンオーバーを促進させる作用もあります。
ただし強い成分でもあるため、シミなど気になる部位に使用する程度にする事も大切です。
使用する量に気をつけて、経過観察もしながら使うことです。